カードローン 増額

カードローン増額マニュアル|条件・審査通過方法と意外な注意点

増額の仕方

融資限度額を増やすには、借入先に問い合わせてみましょう。
専業主婦が借りられるキャッシング白書で増額したい方におすすめの情報が紹介されています。
インターネットや電話で受付けています。

 

または金融会社から増枠の案内がくることもあります。
これは増額が約束されているわけではありませんので、増額手続きをしてみませんかという誘いだと思ったほうがいいでしょう。

 

増額の案内がきても自動で増やしてもらえるわけではないので自分から連絡、極度増額申し込みする必要があります。

増額できる条件

限度額をあげたい時はまず自分が条件にあてはまるか確認しましょう。

カードローンの商品内容 

増枠したいカードローンの商品内容を確認しましょう。

 

極度額を上げたいと思っても、東京スター銀行カードローンは増額申請は受付けません。
増やしたい場合は全額返済後に再申し込みになります。

 

また、すでにカードローン商品自体の最高極度額に達している場合はできません。
カードローンの中には専業主婦の限度額が決まっているため、専業主婦に対しては増額を断る商品があります。

取引状況

取引中に延滞があれば、カードローン増額は厳しくなります。
借入をし返済期日を守ることで返済実績を積み、信用を得ることが必要です。
返済実績が数回では極度増額はできません。

契約期間

最低半年以上ですが1年あればより通りやすくなります。
契約して1週間、1ヶ月では利用履歴が短く信用を得るに至らないからです。

 

楽天銀行の増額申込ページには半年以内の複数回申込を遠慮してほしいことが記載されています。
半年過ぎたら必ず増額できるとは言えませんが半年以内では無理なことがわかります。

借入状況(借入額)

消費者金融では総量規制という法律によって借入れは年収の1/3までに制限されています。
そのため1/3を超える増額申請は必ず否決されます。

 

銀行では総量規制という制限がされていないので、法律面ではそれ以上の借入限度額が可能です。
それでもいくらでも貸してくれるわけではなく、返済比率をみます。
返済比率とは収入に対し、どれだけの割合を返済に充てているかです。

返済比率 = 年間の返済額 ÷ 年収

例えば、年収300万円の人が、毎月36,000円を返済していたとします。

50,000円 × 12ヶ月 = 600,000円(年間返済額)

 

600,000円 ÷ 3,000,000 = 0.2

返済比率は20%になります。
この年間返済額は他社借り入れも含めて計算されます。
収入に対して借入残高が多くなると返済比率はあがります。

 

消費者金融の総量規制には住宅ローンは含まれませんが、返済比率には住宅ローンも含まれます。
返済比率が高いとこれ以上高額の返済は難しいのではないかと判断されます。
多くても30%を目安にし、それ以上の場合はあがるにつれ審査に影響します。

増額審査

新規申込時と同様、信用調査や在籍確認などの審査が行われます。
増額は即日審査がありませんので新規に申込みをした時よりも時間がかかります。
初回契約時は収入証明が不要であっても、増額審査では希望の借入可能上限額の金額次第で収入証明書の提出を求められることがあります。

増額のメリット・デメリット

メリット

増額して追加借り入れした分を他社借入返済に充てることで、借入先を1社減らすことができ月々の返済額も減ります。

例)モビット 借入 10万円 毎月返済額 4,000円 
  レイク  借入 10万円 毎月返済額 3,000円 
     合計 7,000円の返済

 

 レイクの限度額が30万円になったので全額借入 モビットを全額返済の場合
  モビット 借入 0円    毎月返済額 0円
  レイク  借入 20万円  毎月返済額 5,000円
     合計 5,000円の返済

また、金利は利用限度額によって変わるため借入可能上限額が上がると利息が下がります。

デメリット

新規申込時よりも収入が減っていたり雇用形態が正社員からアルバイトになっていたりと変更があると増額審査により限度額の減額やカードの利用停止になる場合もあります。

 

また最低返済額(約定返済額)の違いにより借入額が増えると逆に返済額が増えるケースがあります。

例)レイク   借入 10万円 毎月返済額 3,000円 (レイク)
  イオン銀行 借入 30万円 毎月返済額 5,000円 (イオン銀行)
     合計 8,000円の返済

 

 イオン銀行の限度額が50万円になったので全額借入 レイクを全額返済の場合
  レイク   借入 0円    毎月返済額 0円
  イオン銀行 借入 40万円  毎月返済額 10,000円
     合計 10,000円の返済

セブン銀行では約定返済額が借入残高ではなく利用限度額によって決まるので10万円の時は月の返済は5,000円ですが、利用限度額が30万円・50万円の場合は月の返済が10,000円に上がります。

増額以外の方法

増額をしなくても借入できる金額を増やすには利用しているキャッシング会社とは別のところに新規申込をすることです。
新規申込であれば、最短即日の借入ができます。
無利息期間があれば利用することもできます。

 

金額が少なければ収入証明の提出も必要なありません。
一時的な利用や少額であれば新規申込を検討しましょう。


このページの先頭へ戻る